トップへ戻る

強い耳痛と発熱がありますか?急性中耳炎の原因・症状・診断・治療

目次

 


 

症状を言葉で表現できない小さな子どもでも、しぐさや表情などで痛みを訴えているものです。

 

急性中耳炎

 

急性中耳炎の原因

 

強い耳痛と発熱がありますか?急性中耳炎の原因・症状・診断・治療

 

インフルエンザ菌やブドウ球菌、肺炎球菌などの菌やウイルスに感染して起こります。

 

風邪をひいたり、鼻や喉の炎症から耳管を通して発病することが多く、冬によくみられます。

 

 

子供がかかることが多いのですが、これは、耳管が大人に比べて短く、鼻と耳の位置に高低差がないので水平であるのに加え、菌の侵入を防ぐ機能も未発達なために、菌が中耳に入ってきやすいからだと考えられています。

 

 

また、鼻や喉に炎症があったり、けがなどで鼓膜に穴が開いていると、細菌が入ってきやすくなります。

 

はしか(麻疹)やしょうこう熟、耳下腺炎などの急性感染症にかかっているときは、その細菌が血流にのって中耳に運ばれることもあります。

 

 

こうした急性感染症から発症するケースでは、全身の抵抗力も弱まっているため、症状が重くなり、慢性化する可能性が高くなります。

 

 

急性中耳炎の症状

 

強い耳痛と発熱が、典型的な症状です。発病すると、耳に膿がたまるため、耳がつまったような感じ(耳閉感)がしたり、難聴がみられます。

 

膿が鼓膜を圧迫するために、耳の強い痛みが起こります。

 

 

乳幼児では耳の痛みをはっきりと訴えないこともあるので、発熱の有無に特に注意しましょう。

 

膿がたまって鼓膜に穴が開くと、耳だれが出てきます。耳だれが出てくるようになると、耳の痛みや発熱もおさまり、症状の峠は越したことになります。

 

急性中耳炎の診断

 

耳の痛みなどの症状と、鼓膜が赤く腫れて炎症があるかどうかが診断のポイントです。

 

 

また、X線や聴力の検査をすることもあります。耳だれが出ていれば、それを採取し、原因になっている菌を探して治療に役立てます。

 

急性中耳炎の治療

 

安静にして抗生物質や鎮痛剤、炎症を抑える消炎酵素薬などを内服する薬物療法が一般的です。

 

治りきらないうちに勝手に薬剤の服用を中止すると、細菌は抗生物質に対して抵抗性を持つようになり、再発すると治りにくくなって慢性化の原因になります。

 

 

中耳に膿がたまって鼓膜が腫れたり、耳の痛みが強いときには、鼓膜を小さく切開して膿を吸引する治療法をとることがありますが、最近は以前ほどひんばんには行われない傾向にあります。

 

しかし、鼓膜は切開してもその後自然にふさがり、難聴になったりすることはめったにないため危険性はほとんどなく、またこの治療のために入院する必要もありません。

 

薬剤だけで完全な治療が難しいときには、鼓膜を切開する治療法が勧められるケースが多いようです。

 

 

膿がたまっていない時期や、すでに自然に鼓膜に穴が開いて膿が外に出ているときには、抗生物質などの薬をひたした綿球などを耳に挿入します。

 

また、鼻腔から膿を吸引し、鼻や喉に薬を噴霧します。炎症がおさまったら、鼻から耳管を経由して中耳へ空気を送る通気治療を行います。こうして耳管の通りがよくなり、中耳の換気や気圧の調整ができるようになると、音が聞こえやすくなります。

 

 

半数以上は1か月以内に治癒しますが、3か月以上も中耳に膿がたまることもあります。年齢が低いほど経過が長びく傾向もあります。

 

風邪にかかるたびに中耳炎になる(反復性中耳炎)ときには、治療がかなり困難になります。特に、生後6か月以内に発症した場合では、高い頻度で反復性中耳炎が起きるといわれています。

 

 

また、患者の抵抗力が弱かったり、治療が適切でない場合には、髄膜炎などの合併症を起こしたり、慢性化膿性中耳炎に移行することもあります。

 

 

急性中耳炎の生活の注意

 

発熱があり、炎症が強いときには運動や入浴はせずに安静にしましょう。鼻を強くかまないように、また両方同時にかまないように注意しましょう。

 

熱が下がり、入浴できるようになってからも、しばらくは耳に水が入らないようにします。

 

入浴

中耳炎を発病してから2~3週間たち、鼓膜に軽い充血があるという程度まで回復していて、医師が許可をすれば入浴してもよいでしょう。

 

しかし、完全に治りきっていない状態では、すぐにぶり返す可能性も高いので、長時間の入浴は避け、洗髪をするときには耳をしつかり押さえるなどして絶対に耳に水が入らないようにします。

 

 

入浴と同時に、運動も同じ程度の期間はひかえます。特に水泳は厳禁です。

 

治りかけてから再び悪化すると、菌に耐性ができ、それまでは効きめの現れた抗生物質が効かなくなる場合もあるので要注意です。

 

【第2類医薬品】パピナリン(15mL)耳鳴、耳漏、耳掻痒、耳痛、外聴道炎、中耳炎に効果を発揮します。

amazon

rakuten


 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【中耳炎】 中耳炎とは?子どもが中耳炎にかかりやすい理由
中耳炎には、急性中耳炎、滲出性中耳炎(しんしゅつせい)、慢性中耳炎などがあります。なかでも、急性中耳炎と滲出性中耳炎は子どもによくみられる病気ですが、処置をあやまると慢性化したりあとあとまで難聴に苦しむことになるため、早めの治療が大切です。
【中耳炎】 滲出性中耳炎の原因・症状・診断・治療
滲出性中耳炎は、別名中耳カタルとよばれます。中耳腔に、組織からしみ出る滲出液(血管から血管壁を通って出てきた血液中の細胞を含む液体)がたまり、鼓膜の振動や耳小骨の動きが抑えられて難聴になります。
【中耳炎】 慢性中耳炎の原因・症状・診断・治療
慢性中耳炎は、中耳炎が慢性化し、中耳の粘膜や骨がおかされて耳ろうや難聴を起こしている状態をいいます。鼓膜に穴が開く慢性化膿性中耳炎と、中耳腔に皮垢(皮膚の垢)の硬いかたまりができる真珠腫性中耳炎が代表的です。
【難聴】 難聴とは?難聴の種類(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴に分類)
難聴は耳の聴覚伝導路が障害されることによって聴力が低下するもので、重度になると日常生活に支障をきたすようになります。また、パソコンやスマートフォンの普及で通信は多様化し、聴覚障害者にとっても新しいコミュニケーションの手段が増えてきています。
【難聴】 難聴の原因と症状(老人性、騒音性、突発性、薬剤性、機能性)
老化とともに起こる老人性難聴、騒音下での仕事に起因する騒音性難聴、突然片耳が聞こえなくなる突発性難聴、薬の副作用による薬剤性難聴、聴覚伝導路には障害のない機能性難聴の原因と症状を解説します。
【難聴】 難聴のさまざまな聴力検査と診断
難聴の性質や原因などを正確に診断することが、適切な治療に結びつきます。そのためには、発症時期、経過、程度、難聴に伴う症状の有無などを問診によって把握することが必要です。難聴が急激に起こったのか、徐々に聞こえが悪くなったのかどうかで原因を推察します。
【難聴】 難聴の治療・予防|補聴器の上手な活用法など
難聴の治療は、難聴を引き起こす原因疾患に応じた治療を行います。難聴の人が少しでも円滑に、安心して日常生活を送るためには、家族や周囲の人たちの理解と援助が何より大切です。周囲の人は、難聴者に口の形や動き、顔の表情がよくわかるように、向かい合って会話をするようにします。
【難聴】 子どもの難聴の原因・症状・予防・難聴の遺伝など
難聴の子どもは言葉を覚える能力はありますが、音の一部あるいはほとんどが聞こえないため、言葉による情報を十分に、ないしはまったく知覚することができません。放置すると言葉を覚えることができなくなります。このため、知的障害と間違われることがあります。重度の難聴は、音に対する反応がないことから乳児期に親が気づくケースが多いのですが、軽度の難聴の場合は大きな声には反応するので気づくのが遅れます。
【メニエール病】 の原因・症状・検査・治療・予防|メニエール病の主症状はめまい
メニエール病は、前ぶれもなく現れる「ぐるぐる回る感じ」のめまい発作で始まります。めまい発作、難聴、耳鳴りがメニエール病の3大症状といわれます。めまい発作が繰り返し起こると難聴、耳鳴りが悪化します。

このページの先頭へ戻る