トップへ戻る

動脈硬化が関係している注意すべき合併症

目次

 


 

命にかかわる重大な病気が多い

 

動脈硬化はその起こる場所によって、いろいろな病気を招きます。動脈硬化が関係している主な病気は次のとおりです。

 

動脈硬化が関係している主な病気

 

動脈硬化が関係している主な病気

脳梗塞

 

死因を扱う統計などでは、脳卒中という言葉が使われていますが、脳卒中には大きく分けて、脳出血(脳溢血)と脳梗塞があります。

 

脳出血は、脳の血管が破れて出血したものをさし、脳梗塞は脳の血管がつまった場合をいいます。

 

脳出血の最大の原因は高血圧ですが、脳梗塞の場合は、動脈硬化が一番の原因です。

 

 

脳梗塞にも脳血栓症と脳塞栓症の2種類があります。

 

脳血栓症は、粥状硬化によって脳動脈の血管壁が厚くなったところに、血栓ができてつまるもので、脳塞栓症は、心臓にできた血栓などが脳動脈に流れ込んでつまらせるものです。

 

 

いずれの場合も症状は、半身の運動麻痺や感覚障害、言語障害、視野障害などですが、脳血栓症ではこれらの症状が徐々に現れるのに対し、脳塞栓症ではある日突然、発作が起こってこうした症状が出てきます。

一過性脳虚血発作

 

一時的に半身のしびれ、運動麻痺、言語障害などが現れますが、24時間以内に症状がなくなるものを一過性脳虚血発作といいます。

 

また、24時間以上続いても、3週間以内に症状がなくなるものを可逆性虚血性神経脱落症状といいます。

 

 

どちらも、近い将来、脳梗塞の発作を起こす可能性が高いので、注意しなければなりません。

 

鎮痛薬として知られているアスピリンを服用すると、新しい血栓ができにくくなるので、脳梗塞の予防によく利用されています。

 


 

脳血管性認知症

 

動脈硬化や高血圧があると、脳のあちこちに小さな梗塞(ラクナ梗塞)が起こることがあります。

 

何も症状のない場合もありますが、梗塞の起こる場所によっては、認知症となることがあります。

 

このようなケースを脳血管性認知症といい、アルツハイマー型認知症と区別しています。

狭心症

 

心臓に酸素を送り込んでいる冠動脈に動脈硬化が起こり、心臓に供給する血液が十分に流れなくなると、胸が締めつけられるように痛くなります。これが狭心症の発作です。

 

発作は安静時でも起こりますが、急に走ったり、階段を上ったりしたときに、よく起こります。

 

 

発作は前ぶれなく突然始まりますが、安静にしていれば、数分から10分程度で血流が自然に回復して痛みもおさまります。

 

硝酸薬(ニトログリセリンやニトロール)の錠剤が特効薬で、これを舌の下に含むと、遅くとも3分以内に痛みはおさまるので、狭心症の人はこの薬を携帯する必要があります。

心筋梗塞

 

狭心症の発作よりも強い痛みが、長い時間続くのが心筋梗塞です。

 

狭心症が運動直後などに起こることが多いのに対し、心筋梗塞は運動とは関係なく、突然発作が起こります。

 

 

心筋梗塞の発作は、硝酸薬ではおさまりません。、発作は10分以上続くのがふつうで、1~2時間続く場合もあります。

 

命に危険のある病気ですから、すぐに救急病院へ連れていかねばなりません。特に、発作後数時間の治療が、救命の大きなポイントです。

 

 

心筋梗塞の原因は、冠動脈の動脈硬化が悪化し、血流が極端に減少したり、完全に途絶えてしまうことです。

 

動脈硬化にプラスして、冠動脈がけいれんして収縮した場合も、心筋梗塞を引き起こすと考えられています。

大動脈瘤

 

大動脈は心臓からいったん上のほうへ出て、それから傘の柄のようにカーブしてからだの下のほうに向かっている太い血管です。

 

ここに粥状動脈硬化が起こると、動脈壁が瘤(こぶ)のようにふくらみます。これが大動脈瘤といわれるものです。

 

 

腹部にできることが多いのですが、胸部にできる場合もあります。

 

瘤の部分はふくらみすぎると破裂してしまうので、早期発見が欠かせません。手術で瘤を取り去り、人工血管を使って修復します。

腎硬化症

 

高血圧が長く続くと、腎臓へ血液を送っている動脈と、腎臓の糸球体に集まっている毛細血管に細動脈硬化が起こります。

 

こうなると、腎臓は尿を濾過する本来の仕事ができなくなってしまいます。

 

これが腎硬化症とよばれるもので、悪化すると慢性腎不全となって、透析療法が必要になります。

 

また、糖尿病腎症も、糖尿病のために動脈硬化が進むことから、腎臓の機能が低下する病気です。

閉塞性動脈硬化症

 

太ももの動脈、あるいは太ももへとつながる下腹部の動脈が、動脈硬化によってできた血栓でつまると、閉塞性動脈硬化症になります。

 

この病気は足に冷えやしびれを感じるのが初期段階で、やがて筋肉が痛むため、途中で休みながらしか歩けなくなる間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられるようになります。

 

 

この段階で血小板凝集抑制薬や血管拡張薬などを服用して治療しないと、安静時に疼痛(とうつう)を感じたり、足に潰瘍や壊疽を起こしたりして、ひどいときには足の切断を余儀なくされる場合もあります。

 

ほとんどのケースで全身的な動脈硬化を合併しているので、合併症の発見、治療も同時に進めなければなりません。

急性動脈閉塞症

 

手足などの太い動脈や、腹部大動脈が左右に分かれる部分に、動脈硬化によってできた血栓がつまると、急性動脈閉塞症を起こします。

 

手足に痛みを感じる、皮膚の色が青白くなる、動脈の脈拍が消える、熱さや痛みを感じなくなる、運動麻痺といった症状が現れます。

 

 

症状に応じて、血栓を取り除いたり、薬で溶かしたり、手術によってつまった動脈を切り取ったりして治療します。

 

いずれにしても、早期に治療しないと全身に悪影響が現れ、生命の危険も生じるこわい病気です。

 


 

狭心症と心筋梗塞

狭心症と心筋梗塞

 

心筋に酸素や栄養を供給している冠動脈に動脈硬化が起こると、血液が流れにくくなり、狭心症になります。

 

さらに、血栓ができて血流が阻害されると、心筋梗塞を引き起こします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

動脈硬化とは
動脈硬化とは、血管の壁に脂肪などが沈着して厚くなり、血管の内腔(血液の通り道)が狭くなることです。動脈硬化の原因~治療・予防まで基本情報をお届けします。
動脈硬化の原因と種類分類
動脈硬化は起こる場所や生じる病変によって、いくつかの呼び名があります。動脈硬化は年齢とともに誰にでも多少は起こるものです。しかし、その進行を早める危険な要因があります。
動脈硬化の治療 薬物療法を用いる場合でも、食事療法や運動療法などとともに行う
誰でも年齢とともに動脈硬化は進んでいくものですから、治療の目的は、その進行を遅らせることです。 そのためには、まず生活習慣を改善することによって、危険な要因を1つずつ減らしていかなければなりません。
動脈硬化の予防に効果がある食生活!危険な要因を生活のなかから排除!
動脈硬化を予防するには、魚を積極的に食べるとよいことがわかっています。また、ストレスは動脈硬化の危険因子ですが、ストレスそのものが問題というよりも、ストレスに対するからだの反応が、動脈硬化を促進していると考えられています。
動脈硬化の知恵袋・質問集
動脈硬化についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。動脈硬化に対する疑問解決にお役立てください。

このページの先頭へ戻る