トップへ戻る

動脈硬化とは

動脈硬化とは?

 

 

血管壁が厚くなり、血流を阻害

 

動脈硬化とは、血管の壁に脂肪などが沈着して厚くなり、血管の内腔(血液の通り道)が狭くなることです。

 

その結果、血液が流れにくくなる状態になります。高血圧の影響や石灰の沈着などで血管壁が硬くなり、弾力性も失われてもろく壊れやすくなる場合もあります。

 

 

動脈は全身に血液を送り、酸素や栄養素を供給する役割を果たしていますから、動脈硬化によって血液が十分流れないと、いろいろな問題を引き起こします。

 

動脈硬化が進むと、脳卒中の発作や狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患の発作におそわれ、命の危険にさらされることも少なくありません。

 

 

日本人の死因の第2位が心臓病、第3位が脳卒中ですが、どちらの病気も、その原因を調べてみると、動脈硬化が背景になっているケースが多くあります。

 

また、動脈硬化は、ほかにも死亡率の高いさまざまな病気の原因となっています。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

動脈硬化の原因と種類分類
動脈硬化は起こる場所や生じる病変によって、いくつかの呼び名があります。動脈硬化は年齢とともに誰にでも多少は起こるものです。しかし、その進行を早める危険な要因があります。
動脈硬化が関係している注意すべき合併症
動脈硬化はその起こる場所によって、いろいろな病気を招きます。動脈硬化が関係している主な病気は次のとおりです。
動脈硬化の治療 薬物療法を用いる場合でも、食事療法や運動療法などとともに行う
誰でも年齢とともに動脈硬化は進んでいくものですから、治療の目的は、その進行を遅らせることです。 そのためには、まず生活習慣を改善することによって、危険な要因を1つずつ減らしていかなければなりません。
動脈硬化の予防に効果がある食生活!危険な要因を生活のなかから排除!
動脈硬化を予防するには、魚を積極的に食べるとよいことがわかっています。また、ストレスは動脈硬化の危険因子ですが、ストレスそのものが問題というよりも、ストレスに対するからだの反応が、動脈硬化を促進していると考えられています。
動脈硬化の知恵袋・質問集
動脈硬化についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。動脈硬化に対する疑問解決にお役立てください。

このページの先頭へ戻る